LaVie+誕生とこれまでの取り組み

fullsizerender

2008.10月    

フットケアボランティア活動へ参加

 

医療法人むすびの森あきた病院在宅サービス

デイサービスセンター、グループホームを訪問

足の爪切りやケアを行う。

介護を必要とする高齢者の足の深刻な状態を

初めて知りケアの重要性を感じる。

 

2009.2月

社会福祉法人 寿量会 天寿園にて

フットケア専門として勤務

 

特別養護老人ホーム天寿園、ケアハウス宝光庵

グループホーム虹の家、デイサービスセンター

認知症対応型通所介護今町ホームなど

足の状態やメンタル状態に合わせたフットケアを

行う。

 

また、介護職員や研修会にて介護に活かすフットケアを現場指導する。

その他、熊本市高齢者支援センター(旧、地域包括支援センター)天明にて元気高齢者に向け「いつまでも自分の足で立ち歩きするためのフットケア」講座を開く。

 

2010.1月

足トラブル予防啓蒙活動へ

「訪問フットケア ひまわり」として活動開始!

 

熊本市内での講演会や市民企画講座、子供たちの足について足育歩育を行う。

また、実際に足に悩む方のもとへ訪問し、フットケアを行う。

訪問フットケアひまわりとして、介護施設や有料老人ホームなどを訪問する。

 

同年〜2013.3月

水俣社会福祉協議会主催の地域リビング活動

介護予防フットケア「フットケアで大満足」

 

水俣社会福祉協議会が主催の取り組みである

「介護予防活動」を通じたまちづくりの一環である地域リビング活動の一つとして「フットケアで大満足」と題した出前講座を開催。水俣市内や鹿児島出水市18ヶ所の公民館をまわり50代〜70代の足のカウンセリングを行う。また、アンケート調査も行い、参加者1人ひとりの歩行状態や実際に悩みに応える。

 

2011.1月〜現在

熊本市南区に「足のコンシェルジュがいるフットケアサロン専門店」として

「フットケアサロンLaVie+」を拠点として活動

 

より多くの方々がフットケアを受けられるよう

足の悩みを抱える方が通える場所が必要だと感じ

フットケアサロンを拠点とし活動しはじめる。

現在30代、40代、50代を中心としたお客様が来店。

足裏のタコや魚の目、かかとの角質、ひび割れ、むくみ、冷えなど足トラブルに対応。

正しい姿勢や歩行指導、身体バランスや筋力チェックを行い

足のケアのみならずお客様一人ひとりにあった日常出来るお手入れ方法を

アドバイスし足トラブル予防の重要性やフットケアの必要性を伝え続ける。

 

< >
一番上へ戻る